ブログ

手元供養に、お部屋に置いても骨壺(骨壷)とは思えない、あたたかい色のピンクの骨壺(骨壷)を。

こんにちは!スタッフの華です。

近年、「大切な方を、いつも身近に感じていたいから」という想いから、手元供養を選ばれる方が増えています。

今回は、お部屋に置いておいても「骨壷(骨壷)」に見えない、「ピンクの骨壺(骨壷)」をご紹介いたします。


骨壺(骨壷)にあたたかさをプラスした「ピンク色のお骨壺(骨壷)」を制作いたしました

ei-kotsu03
英一郎製磁が今まで制作してきた骨壺(骨壷)は、白磁のものがほとんどです。

しかし、「白い骨壺(骨壷)は、冷たい感じがする」そんなご意見を頂くことがありました。

2016年秋、このようなご意見を受け、薄赤の釉薬を使ったピンク色の骨壺(骨壷)を製作致しました。


「ピンク」×「彫刻のような造形美」のお骨壺(骨壷)は、来客が多いリビングに置いても、美術品のように感じて頂けます

kotsutsubo-pink
ピンクの骨壷(骨壷)なら、どのお部屋に置いても、アートとして感じて頂けます。

繊細で、作家独自の彫刻作品のような完成度と造形美を追究した、英一郎製磁の骨壷(骨壺)。

白磁の骨壷(骨壷)よりも、あたたかみを感じることができるので、故人をやさしい気持ちで日々思い出し、感じることができます。


ピンクの骨壷(骨壷)を製作した作家、白磁彫刻家・森永英一郎

ei-kotsu01
白磁彫刻家・森永英一郎。

長崎県・波佐見焼をルーツに持つ、白磁彫刻家・森永英一郎。英一郎の母の実家が長崎県・波佐見焼の代々続く窯元で、母も陶芸家・デザイナーであることから影響を受け、作家として活動を開始いたしました。

⇒白磁彫刻家・森永英一郎詳しいプロフィールはこちら


脚本家:故 市川森一先生の骨壷(骨壺)を制作いたしました

kotsutsubo-8
日本を代表する脚本家、故:市川森一先生と、奥様である女優:柴田美保子様のペアお骨壷を制作いたしました(奥様には生前お骨壷となります)。


骨壺(骨壺)を中心とした展示会を、福岡を中心に開催致しました

福岡・桜坂観山荘、福岡・小倉井筒屋、長崎・浜屋などで、骨壷(骨壺)を中心とした展示会を開催いたしました。

【2016年4月 料亭桜坂観山荘】

kanzan

【2016年6月 博多マルイ】

%e5%8d%9a%e5%a4%9a%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%a4

【2016年7月 小倉井筒屋】

izutsuya

【2016年9月 長崎浜屋】

nagasakhamaya01


メディアでも、英一郎製磁の骨壷(骨壺)を紹介していただきました!

2016年に入り、地元のTV局(朝の情報番組)や雑誌に、英一郎製磁を取材していただきました。

【KBC九州朝日放送 情報番組「サワダデース」】

tv

【情報誌 シティリビング】

cityliving


手元供養に、ピンクの骨壷(骨壺)を。あたたかい気持ちで、故人を感じることができます。

kotsutsubo-pink
ピンクの骨壷(骨壺)なら、真っ白な骨壷(骨壺)のような「冷たさ」はなく、あたたかい気持ちで見ることができ、故人を思い出すことができます。

ピンクの骨壷(骨壺)で、あたたかい気持ちで、故人をいつもそばに感じませんか?


ピンクのお骨壷(骨壺)について、お問い合わせはこちら

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る