ブログ

手元供養に。造形美を追究した骨壷(骨壺)で、故人をいつもそばに

こんにちは!スタッフの華です。

大切な方を、いつでも身近に感じていたい。そんな想いから、最近は手元供養を選ばれる方が増えています。

造形美を追究した骨壷(骨壺)を身近なところに置けば、いつでも故人を偲び語りかけることができます。


手元供養とは、遺骨・遺灰を、自宅で管理するという方法です。

手元供養 骨壷 骨壺
手元供養とは、墓地や寺院などで管理する遺骨や遺灰を、自宅で供養することです。
自宅供養と呼ばれたりもしてます。

近年、お墓を管理していくのが難しい方や、お墓が遠方にあって供養に出向くことが難しい方、子供に迷惑をかけたくないと考える方が増えていることから、注目を集めている供養の方法です。


手元供養に、英一郎製磁の美しくあたたかい骨壷(骨壺)を

手元供養 骨壷 骨壺
白磁彫刻家・森永英一郎。

長崎県・波佐見焼をルーツに持つ、白磁彫刻家・森永英一郎。英一郎の母の実家が長崎県・波佐見焼の代々続く窯元で、母も陶芸家・デザイナーであることから影響を受け、作家として活動を開始いたしました。

⇒白磁彫刻家・森永英一郎詳しいプロフィールはこちら

英一郎の作品の特徴は、「彫刻のような造形美」。

手元供養 骨壷 骨壺

繊細で、彼独自の彫刻作品のような完成度と造形美を追究した骨壷(骨壺)は、故人をやさしく包み込み、故人をいつも身近に感じることができます。

英一郎製磁 骨壷・骨壺一覧

白磁彫刻家・森永英一郎が作る骨壷・骨壺を、ご紹介いたします。

  • sakura_okotsutsubo_e-67 さくらお骨壺(中) - 日本の花と言えば桜。 その散り際の美しさもこの花の魅力ですが、この白磁の桜は永遠に散りません。 ずっと故人に寄 […]
  • sakura_okotsutsubo_L_cylindrical_gousei さくらお骨壺 (中・筒) - 日本の花と言えば桜。 その散り際の美しさもこの花の魅力ですが、この白磁の桜は永遠に散りません。 ずっと故人に寄 […]
  • hanamizuki_okotsuire_S_e-66 はなみずき手元供養お骨壺 - はなみずきの小さな花を飾りました。 ご家庭でのご供養に、遺骨のひとかけらを入れたり指輪などの遺品入れとしても。 […]
  • hanamizuki_okotsutsubo_M_e-65 はなみずきお骨壺(小) - 分骨用に。あるいは故人の遺品入れとしても。 はなみずきは多くの人々に愛される樹木花。花言葉は「永続性」。 永遠 […]
  • hanamizuki_okotsutsubo_L_cylindrical_e-63 はなみずきお骨壺(中・筒) - はなみずきお骨壷(大)の容器部が容量増の円筒状のものです。 お骨壷の小型化傾向にある中での十分な容量のお骨壷で […]
  • hanamizuki_okotsutsubo_L_e-64 はなみずきお骨壺(中) - はなみずきの花々を施した少し小振りなお骨壷です。 近年は納骨スペースの確保が難しくお骨壷は小型化の傾向にありま […]
  • bornpot_yuri_e-62 ボーンポット・ゆり - ゆりは情愛の象徴、特に白百合は「母の愛」を花言葉に持ちます。 【福岡デザインアワード受賞作品】 永遠への祈りを […]
  • bornpot_sakura_e-61 ボーンポット・さくら - さくらは日本人の心の花。さくらに包まれて眠る、そんなお骨壷です。 【福岡デザインアワード受賞作品】 永遠への祈 […]
  • bonbonier_hamashigi_e-47 ボンボニエール・はましぎ - ボンボニエールとはフランス語で砂糖菓子入れ。 ヨーロッパの貴族の間で慶事などの記念品として芸術工芸的な価値の高 […]
  • bonbonier_sijyukara_e-50 ボンボニエール・しじゅうから - 家庭円満を祈念した丸い器に身近な野の鳥しじゅうからを飾りました。 今にも飛び立ちそうな瞬間を切り取りました。 […]

脚本家:故 市川森一先生の骨壷(骨壺)を制作いたしました。

手元供養 骨壷 骨壺
日本を代表する脚本家、故:市川森一先生と、奥様である女優:柴田美保子様のペアお骨壷を制作いたしました(奥様には生前お骨壷となります)。

また、福岡・桜坂観山荘、福岡・小倉井筒屋、長崎・浜屋などで、骨壷(骨壺)を中心とした展示会を開催いたしました。


手元供養は、故人にいつでも語りかけることができ、身近に感じることができる、供養の方法です。

手元供養 骨壷 骨壺
近年、墓離れが進んでいることから、手元供養を選択肢の一つとして考える方が増えています。

英一郎製磁の造形美を追究した骨壷(骨壺)は、そこに在るだけで空間を華やかに、あたたかくしてくれるので、優しい気持ちで故人に語りかけ、寄り添うことができます。


白磁彫刻家・森永英一郎が、なぜ骨壷(骨壺)を作るのか。
白磁彫刻家・森永英一郎「骨壷(骨壺)を作る使命」はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る